毎朝の青汁

我が家の青汁格闘劇

ちびの朝食昼食に野菜が足りないなーと思うとき、リンゴジュースに青汁を混ぜて出していたんですけど、最近上の子が嫌がり出しました。しつこく出しすぎたかな…何とかの一つ覚えでこんなんばっかですんで、結構色々飽きられます。

 

で、ちょっと前に大流行したグリーンスムージーにチャレンジしてみようと思ったんですが、生の果物と野菜の旨み…というか甘みだけで美味しくいただこうという趣旨のヤツですよね、あれって。人に必要な生きた酵素を体の隅々に行き届けるためには、温度や酵素の吸収を阻害しない食材との組み合わせに注意が必要で、砂糖もNGなんだそうですよね。

 

美を意識した女性が健康維持や体型維持のために続けるならばそういう細かいこだわりってすごく大事だと思うんです。けど、子どもの食生活の足りない野菜を補うために手軽に作るジュースだし、かなユルい感じでも全然オッケーじゃーん!!という軽い気持ちでいくことにしました。どちらかというとグリーンスムージーていうよりはフツウのミックスジュース感の方が大きいんですけれども。

 

うちは朝はパン食にしてます。頭のいい子を育てるにはご飯食がいいとかも言いますよね。けど、生まれたときから好き嫌いが多いというよりは食の細い我が子に、朝くらいは甘いものや食べたいものを好きに食べさせてやって楽しい1日のスタートにしてやりたいな〜という思いもありつつ、今のところパン食なんです。和食なら味噌汁の具を工夫すればおかずはあまり気にしなくてもいいんですが、パンだとなんしかビミョーなんですよね…。

 

それこそ野菜スープとかを作ればいいんですけど、それだとおかず感がありすぎて趣旨が変わってくるし、ポタージュ好きな子ならいいんですがうちの子はあまり好みではないらしく、どんなポタージュもあまり飲みたがりません。

 

そんな面倒くさい…基、愛しい我が子のために作るミックスジュースはこれまた結構適当ですが、バナナと牛乳とヨーグルトとリンゴジュースと小松菜と人参が基本なのでなかなか飲みやすいです。グリーンスムージーへの未練が捨てきれず、できれば生でとは思いますが、酵素重視ではないので、小松菜や人参は冷凍もしちゃいます。ていうか牛乳とかジュース入れてる時点でグリーンスムージーって言ったら怒られそうですね。

 

小松菜や人参がない時は青汁を入れて混ぜてしまいます。

 

緑のドロッとした飲み物はなんでもグリーンスムージーだという無理矢理感が何となく気に入ってるんですが。そこそこ美味しいんですが、何が問題かっていうと、最初こそ飲んだものの、上の子が飽きてきてるということ…まあ、その代わり下の子が面白いくらい良く飲むので、まだまだしつこく出すつもりですけどね。

お昼にテレビのCMを見ていると、ちょっと年配者向けの健康食品のCMをよく見ますが、その中でも気になっていたのが『青汁』のCMです。
私は最近でこそ、食生活に気を付けるようになりましたが、

 

それでもやっぱり野菜不足だと感じる事が多いです。
そんな私に青汁はピッタリの飲み物なのですが、どうもあのお昼のCMを見ていると30代の私には、ちょっとまだ早い飲み物のような気もしていました・・・が!!この間飲んだと言うか食べた青汁は、新感覚の青汁でジェルタイプの『美感青汁』というもので、健康のイメージが強い青汁にはめずらしい、美容にいい青汁!!

 

その美容にいいというのも、20代の本当に若い人ではなく、30〜40代に好まれるアンチエイジング(若返り)効果の盛り込まれている健康食品になっています!!

 

私も、今年40才になるのでこの新感覚ジェルタイプ青汁の『美感青汁』は、まさにストライクゾーンでした(笑い)。青汁って色々な種類があるんですね。色々青汁比較してみると本当に面白いです。
この青汁なら、味もフルーツの味でおいしいので食べてみたいと思いました。

 

続きを読む≫ 2014/09/27 22:13:27

この梅雨の時期ってとにかく髪が湿気を含んで膨張しちゃったり、うねってきちゃったりと、髪の毛をきれいに保つのが難しくなってしまう時期ですよねぇ〜…。
スペシャルケアとしてシャンプー前に人間の皮脂と似ているホホバオイルを頭皮や髪に塗布してマッサージして頭皮も髪にもうるおいを与えるようにしていますが、結構面倒くさいので月に一度するかしないかです…(-ω-`*)

 

なので極力タオルドライした後に椿油だけはつけているんですけど、梅雨時期は何をしても微妙な髪型になっちゃって凹んでしまいます(´Д`|||)
最近、ポーラから新しく30代以上の女性の頭皮のために毛髪診断士の知識と技術を生かして監修した、『頭皮をエイジングケアする』ヘアブラシが販売される予定なんだそうですよ。

 

なんでも毛穴に届く376個の先丸ピンで、指では落とせない毛穴の汚れも落とし、頭皮をすみずみまでマッサージするというものなんですけど、お値段が7,770円と結構お高めなんですねぇ〜…。ちょっと貧乏人には手が出ないです(笑)
だけど頭皮をケアするのって、髪の毛だけじゃなくて自律神経とか更には健康全体に良さそうだからなぁ。。。できれば欲しいのですけどね・・

続きを読む≫ 2014/06/02 17:16:02

旦那は現在30代。学生時代は「ハゲ」と言われて虐められたことがあったようです。
そのためか結婚して(当時旦那24歳)のころから、既に花王のサクセスを使用し続けています。

 

別にそこまで髪が薄いようには見えないのですが、旦那のおじいちゃんがこれまでツルツル頭だったようで、「禿げは祖父の頭が遺伝する」と言って信じているようです。

 

「若いうちから育毛剤使って、それでも禿げたら諦める」と言って、やるだけのことはやるとのことらしいです。なぜサクセスを選んだのかはよくわかりませんが、当時テレビで伊藤英明がサクセスのCMに出ているのを見て、「俺もやってみるわ」と言い出しました。

 

当初使っていたのはサクセスの微香料のもの。ですがその臭いは私はあまり好きな臭いではなく、一緒に布団に入って寝るのはちょっと嫌だったので、無香料のものに変えてもらいました。今のところ髪が薄くなっていることもないようなので、やはり育毛剤の効果なのでしょうか?
禿げ対策は若いうちから行っておいた方がいいのかもしれません。

 

(関連サイト)チャップアップという育毛剤の効果・口コミ|育毛名人

続きを読む≫ 2014/06/01 16:32:01

相方の服装で駄目出しです。洋服に関して全く興味がなく、そこにあるものを考えずに着るという感じです。上下の組み合わせやテイストを合わせるといった、ファッションの感性自体が全くないようです。センス以前の問題です。極端に言えば穴が開いていても、まだ着れるからと言った感じです。

 

しかしよく考えれば、このような男性は意外と多い気がします。女性と男性のファッション感覚は、かなりズレがあるのかもしれません。相方にファッションについて聞いてみると、「どれにしていいか分からない」とのこと。興味がないのだから、知識も意欲もないのが当たり前かな…と納得しました。

 

その為相方には、ユニクロやGAPなどを利用してのトータルコーディネートをアドバイスしています。カジュアルファッションで統一すれば、どれを選んでも間違いはありません。デザインもカラーも比較的シンプルなものが多いですし、値段もお手頃です。

 

値段で選んで、激安服の店に行くと、テイストが雑多で、それこそ選ぶ際にセンスが必要です。ジーンズショップなども、意外とその懸念があります。カジュアルなアイテムでも、シンプルなものと個性的なものがあるので、その辺の使い分けが難しい気がします。

 

センスがなくても、センス良く見せるためには、お店のセンス力を借りれば無難で心配はありません。自分はセンスがないからとか、ファッションに興味がないからという方は、無難路線から始めれば良いのかと感じます。

続きを読む≫ 2014/06/01 01:47:01

今でこそ脱毛サロンは低価格を売りにしている時代。でも私が若い頃は、サロンと名のつくところはとても手が届くものではなく、行くこと自体不可能と思っていました。

 

そんな私がムダ毛の処理としていつも使用していたのが、毛抜きでした。

 

カミソリは肌を傷めるし、シェイバーはちゃんと剃れてなさそうだったので、毛抜きで抜くことで毛根から抜けていく脱毛だと勘違いしていたのです。

 

でも実際にはそうではなくて、皮膚の下に毛が潜り込んでいました。皮膚の下なので毛抜きでは簡単に抜けません。

 

しかもほとんどの毛が皮膚に埋もれている状態で、全体を見ると黒くプチプチとしたなんともみっともない手足に。それが嫌でとうとう毛抜きで皮膚の中に埋もれている毛を無理やり引っ張り出すということまで。

 

当然皮膚は傷みますので、ローションは欠かせません。そんな苦労を昔したことで、今は脱毛サロン 大宮に通い毛深さとはおさらばしました。

 

あの頃こんなに気軽に通える脱毛サロンがあれば、皮膚を傷めるくろうなんてしなくてよかったのに、と思っています。

続きを読む≫ 2014/06/01 00:45:01

スポーツクラブでは、様々なスタジオプログラムを受けることができるので好奇心のある人は、色々試せて楽しめると思います。

 

ステップ台を使用したエクササイズや、エアロビクス、ヨガ、ピラティス、話題になっているダンス系のプログラムなどがあります。
各スポーツクラブオリジナルのプログラムも多く、そのプログラムを目当てで受けに来る人もいるくらいです。

 

通える回数によって、月々の支払い料金の設定もできるので続けられるか心配という人は、回数を少なめに考えて契約すると良いです。
また、法人会員になることができる場合は、施設を都度利用でき、利用料金も安いのでかなりお得です。

 

ご年配の人向けのプログラムも増えていて、ストレッチやロコモ予防の運動なども取り入れられていたり、筋肉をつけるためのトレーニングも増えています。
スタジオだけではなく、トレーニングマシンでもトレーナーに個別に教えてもらうことができるものもあります。

 

女性ばかりが多いイメージのスタジオプログラムですが、実は意外と男性にも人気があります。入ってみるとハマる人が多いようです。

 

特に多いのが格闘技系のエクササイズや、バーベルを使用したりチューブを使用したりするトレーニング系のものです。
ご自宅の近くや職場の近くにジムがある人は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2014/05/19 09:27:19